〒606-0019 京都府京都市左京区岩倉南河原町148

お悩みのご相談はお気軽に TEL:075-711-8708

京都市左京区の歯科・小児歯科・矯正歯科/もり歯科医院

キシリトールで虫歯予防

国際会館駅のもり歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

キシリトールで虫歯予防

おすすめグッズ

院長ブログ

もり歯科医院ブログ

HOME»  キシリトールで虫歯予防

キシリトールって??

キシリトールは白樺の木などから作られる天然素材の甘味料です。
甘さは砂糖とほぼ同じです。
虫歯菌は糖類(砂糖など)を食べて、虫歯菌のすみかとなる歯垢(プラーク)をつくったり、歯を溶かす酸を出します。
しかし、キシリトールは虫歯菌が食べても歯垢をつくったり、酸をだしたりすることができません。
つまり、キシリトールは虫歯の原因にならないのです。

キシリトールの良い点はほかにもたくさん!!

キシリトールを食べることを習慣にすると、虫歯菌(ミュータンス菌)が歯につきにくくなる。
⇒歯の汚れ(歯垢・プラーク)が落としやすくなるので、歯みがきがラクになる。

砂糖の入ったアメやチョコレートなどのお菓子をダラダラ食いはダメ!
でも、キシリトールのダラダラ食いはOK!!

歯にやさしい砂糖はほかにもありますが、虫歯菌の数を減らせるのはキシリトールだけ!!

キシリトールは天然素材なので、妊娠中に摂取しても大丈夫です。
お母さんやご家族のお口の中の虫歯菌の数をへらすことで、生まれてくるお子さんへの虫歯のリスクを低下させることができます。

キシリトールは、酸で溶けだした歯を元に戻す力を高めることができます。

キシリトールの効果的な食べ方

食べ方のポイントは1日の「量」と「回数」です。
キシリトールは1日5~10gの量を3回以上に分けて食べると虫歯予防に効果があるといわれています。

甘味料の50%以上がキシリトール製品を選んでください。
その中でも<歯科専用>がベストです。

歯科専用キシリトールの場合

1粒あたりのキシリトール含有量約1.3g

各960円(税込)

4粒⇒5.2g
5粒⇒6.5g
6粒⇒7.8g
7粒⇒9.1g
8粒⇒10.4g

キシリトールを一度に多量に食べると、体質によりお腹がゆるくなる場合があります。
キシリトールは消化されにくいため、早く消化しようと腸の水分が増えるためです。一時的なものですので、心配いりません。

キシリトールも毎日続けることが大切です。
家族でおいしく楽しく虫歯予防をはじめてみませんか?

キシリトールだけで完全に虫歯が予防できるわけではありません。
歯みがき、食生活、フッ素などの他の予防方法と組み合わせることで、虫歯の予防効果がたかまります。歯科医院での定期健診(メンテナンス)も忘れずに。

TOP