〒606-0019 京都府京都市左京区岩倉南河原町148

お悩みのご相談はお気軽に TEL:075-711-8708

京都市左京区の歯科・小児歯科・矯正歯科/もり歯科医院

もり歯科医院ブログ

国際会館駅のもり歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

キシリトールで虫歯予防

おすすめグッズ

院長ブログ

もり歯科医院ブログ

HOME»  もり歯科医院ブログ»  2018年»  むし歯菌の感染の窓が開く時期

むし歯菌の感染の窓が開く時期

むし歯菌の感染の窓が開く時期

院長の森です。今回は「子供逹の未来のためのむし歯予防についてパート1」です。

出生直後、新生児の口腔内にはミュータンス菌はいません。

しかしある一定の期間になると「感染の窓」が開き、感染しやすくなります。

生後19ヶ月から31カ月、つまり1歳7ヶ月から2歳7ヶ月がその時期にあたります。

感染源は主に保護者の唾液からです。

子供逹のむし歯を予防するために、この「感染の窓」が開いている時期はお父さん、お母さんも唾液中のミュータンス菌を特にコントロールせねばなりません。

早期にミュータンス菌が定着してしまった子供逹ほど、むし歯はひどくなりやすいです。

お父さん、お母さんのお口のチェックから子供逹のむし歯予防は始まります。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭は是非歯科検診を受けてください。

2018-12-04 10:15:00

2018年

 
TOP