〒606-0019 京都府京都市左京区岩倉南河原町148

お悩みのご相談はお気軽に TEL:075-711-8708

京都市左京区の歯科・小児歯科・矯正歯科/もり歯科医院

もり歯科医院ブログ

国際会館駅のもり歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

キシリトールで虫歯予防

おすすめグッズ

院長ブログ

もり歯科医院ブログ

HOME»  もり歯科医院ブログ»  2018年»  歯周病って何?

歯周病って何?

歯周病って何?

こんにちは、歯科衛生士の山下です。
今回は、歯周病についてお話しします。

歯周病は、歯を支える骨や歯肉に炎症を起こす病気で、細菌によって引き起こされる感染症です。歯周病というより歯槽膿漏という言葉の方がなじみ深いかもしれません。
日本人が歯をなくす最も多い原因はむし歯ではなく歯周病です。
歯周病の患者数は20代後半より増え始めて、40代になると8割の人がかかってるといわれています。
気づかないうちに進行していくのが歯周病の怖いところです。


歯周病になると・・・
・歯肉から出血したり腫れたりします。
・細菌が腐敗臭を放ち口臭の原因になります。
・進行すると歯を支えている骨を溶かし、最終的に歯が抜けてしまいます。

歯周病の種類

歯肉炎

歯周病の初期症状である歯肉炎です。
歯ぐきが腫れただけの状態です。
炎症は歯肉にとどまり、骨やその周囲組織(歯根膜・セメント質)にはまだ問題が起きていない状態です。

 

軽度の歯周病

歯肉が少し腫れた状態となり、歯みがきの時に出血したりします。
骨が少し溶け始めますが、痛みがあまりないため気づきにくい状態です。

 

中度の歯周病

歯肉の腫れ・出血など歯ぐきの炎症がさらに悪化し、顎の骨が半分近くまで溶けています。歯と歯肉の境目にはプラークや歯石が目立ちます。
歯を支えている骨が減っているため、指や舌で歯を押すとグラグラします。

 

重度の歯周病

歯を支える骨は3分の2程度失われて、歯はぐらぐらして硬いものを噛むことができなくなります。顎の骨の大部分が溶けて歯が支えきれなくなると、歯が抜け落ちてしまいます。

 

歯周病治療 ①歯磨き指導
歯周病治療 ②歯石取り

プラーク(歯垢)は、ただの食べかすではなく何億もの細菌の塊です。
歯石は、細菌の隠れ家になっています。除去しない限り歯周病は改善しません。
毎日の歯磨きや歯科医院でのクリーニングで細菌の数を減らすことが大切です。

数ヶ月に1回、定期的なメンテナンスを受けてもらうことで歯周病の予防をすることができます‼︎

2018-05-01 11:16:00

2018年

 
TOP