〒606-0019 京都府京都市左京区岩倉南河原町148

お悩みのご相談はお気軽に TEL:075-711-8708

京都市左京区の歯科・小児歯科・矯正歯科/もり歯科医院

もり歯科医院ブログ

国際会館駅のもり歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

フッ素でムシ歯予防

おすすめグッズ

院長ブログ

もり歯科医院ブログ

2019年

  • 件 (全件)
  • 1

フッ素塗布は何ヶ月ごとに?

院長の森です。さて今回は「子供達の未来のためのむし歯予防についてパート2」です。

フッ素塗布という簡単で痛くもなんともないムシ歯予防法があります。

フッ素がむし歯予防に効果があるのは皆さんもご存知ですね。

フッ素がなぜ有効なのかというと、

①歯に作用することで歯が強くなる。

②プラーク(歯垢)に作用することで、ムシ歯菌が酸を作るのを抑える。

の二つの理由からですが、特に①の効果を得るために、定期的にフッ素塗布を受けてもらうようにしています。

フッ素塗布の頻度は3カ月から6カ月に1回。

できれば14歳から16歳くらいまで継続するのが理想です。

これは、新しく生えてきた歯に特にフッ素が作用すること、生えてきてから2~3年はムシ歯になりやすい事が理由です。

親知らずを除く奥歯が生えそろうのが12歳~13歳ごろです。

ちょっと子供達がお兄ちゃんお姉ちゃんになってもあと少しフッ素塗布を続け方が良いのです。
 

2019-03-04 10:05:00

折りたたむ

鬼は怖いから…

皆さま、こんにちは。歯科衛生士の池上です。
お正月が終わると早くも世間は節分の恵方巻きののぼりがあちらこちらで目に付きますね。
私の子供は先月下旬から毎日「今日は何月?」と聞くので何故かとたずねると
「二月になると鬼が来るから、二月になってほしくない」というのです。
節分ね、、、そんなに鬼って怖いんだなぁ、と同時に私も鬼みたいな顔して怒ってたりしてないかなとふと気になりました。
そして、仕事場でも怖い顔してないか??と。
怖い鬼がいない歯科医院ですが、もちろん大人も子供も喜んで来たい場所ではないと思います。
ですが、歯科治療が必要なときは小さいお子さんでも納得出来るように説明をして練習してから治療に入ります。こちらも真剣なので怖い顔になってしまうこともあるかもしれませんが、
出来るだけ緊張感や不安感が和らぐように笑顔でいることを心掛けてたいと思っています。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

2019-02-01 18:26:10

折りたたむ

今年もよろしくお願いします

こんにちは、もり歯科 衛生士の鈴木です。

平成最後のお正月は、どのように過ごされましたか。
今年の干支は、亥ですね。新年らしく院内にも、干支の置物が登場しました。

検診に来られた方には、干支 亥 パッケージの歯ブラシもご用意しています。

今年も 皆様のお口の健康をお祈り申し上げます。
本年も よろしくお願い致します。

2019-01-11 09:12:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
TOP